top of page
カレンダーボタン
ブログボタン
インスタボタン

お知らせ

●2月のお休みは日曜祭日と第1・第3土曜日です。

●ブログ始めました。三代目サトシのブログはこちら。

仕舞い洗いバナー

雪が降る前に、汗をかいた衣服はもちろん、寝具もきれいに洗って仕舞いましょう。

営業時間外にもクリーニングのお預け・お引き取りができます。

[ロッカーの場所]

東京クリーニング商会本社工場前

[利用方法]

1.受付でロッカー利用登録(お名前・ご連絡先・暗証番号)

2.空いているロッカーに預け入れ

3.仕上がりはメールかお電話でご連絡

4.指定のロッカーからお引き取り

 

ご活用ください。

チャイルドシートバナー
チャイルドシートバナー2
SDGSバナー
集配バナー

​クリーニング料金とコース

クリーニング料金は、素材や状態によって変わります。担当者または店頭にてご確認ください。

レギュラー:トークリの技術の結集。職人仕上

デラックス:防虫・エレガンス加工をプラス

プレミアム:お客さまの衣類だけで「別洗い」する特別コース。さらに汗抜き、防水加工もプラス。お客様のご要望にできる限りお応えします。

​任せて安心!ベテランスタッフ

仕上げ職人
受付のお姉さん
営業マン

職人のおやっさ

 

仕上げ担当の中田です。

仕上げのところで、しみや汚れがないか最終チェックをします。もし汚れていれば、もう一度洗い直すように指示します。

服によって、仕上げ方は様々です。綿のシャツは、ばしっ!とプレス、ネルシャツは生地をつぶさぬようにふんわりと、コートやダウンジャケットは、なでるようにアイロンがけをします。常に「どうすればお客さんに喜んでもらえるかな」と考えながら仕事をしています。

受付のおねえさま

店舗の受付をしている高田です。

いつも笑顔で接客するように心がけています。

衣類をお預かりする際は、お客様の要望をしっかりお聴きし、しみ、ほつれ、虫食いなどを一緒に確認し、返却の際に、どうなったかをきちんとお伝えしています。

「うわ~きれいになった!」と言われるのが、仕事をしていていちばん嬉しいです。

営業のおにいさん

 

営業の荒井です。

毎朝7時45分にトークリを出発し、週2回同じルートで、お客様のご自宅をまわります。月曜日にクリーニングにだされた方は、木曜日にお届けするという仕組みです。

長いお付き合いのお客様が多く、信頼されている証拠と自負しています​。

「取れないと思っていたしみが、キレイに取れた!ありがとう」と、褒め言葉をかけていただけるのが励みになっています。

ワンポイントアドバイス

いつクリーニングに出せばいいの?

定期的なクリーニングで、衣類の寿命がグンと伸びます。

当店ではクリーニングに出す目安として

夏場は、2週間に1回 冬場は、2ヶ月に1回程度のクリーニングをおすすめしています。

​上手にクリーニングを活用して、お気に入りの衣類を長持ちさせましょう。

自分で洗うか、プロに任せるか?

水洗いのできるセーターやダウンジャケットなど、自宅で洗える衣類が増えてきました。水洗いは手軽で汚れも良く落ちますが、ツヤ感や風合いが損なわれることがあります。これは、水自体に強い洗浄力があるためです。一方、専用の溶剤を使うドライクリーニングは、生地に優しく、購入時の風合いを長くキープできます。

日頃のお手入れが大切

スーツは、着用後ハンガーに掛けて、20秒程度ブラッシングするだけで、ホコリ汚れが落ち、クリーニングの頻度を減らすことができます。

お受け取り・お届け時間

店舗:朝8時〜夜5時半 

夜間集配:月・木は夜8時まで

ご自宅・会社・集荷BOXに配達します。

※本社工場でのお預け・お受け取りも承ります。

※全国共通クリーニング券がご利用いただけます。

トークリ地図

宅配ボックスをお貸しします

「留守にすることが多くて…」

「人と会いたくない…」と感じている方に!

玄関前などに置いていただければ、集荷・宅配いたします。どこよりも近くて便利な宅配クリーニングです


①  宅配ボックスに入れてください
②  集荷日に受け取ります※
③  クリーニングします
④  宅配ボックスに入れておきます

宅配ボックス

※週2回ペースで集荷に伺います。例えば、月曜日集荷→木曜日にお届け
※宅配ボックスは最初にレンタル保証料として500円お預かりします

料金
集荷依頼/問合せ

お問い合わせ・集荷依頼

いずれかご選択ください。

ありがとうございました

お電話の方はこちら

0120-920-916

電話:076−441−2747​ 

FAX:076-441-0661

 

本社工場

〒930-0855 富山市赤江町2−19

bottom of page